多摩美術大学オンライン進学説明会/オープンキャンパス2020

多摩美術大学のオンライン進学説明会 いつもと違うところがオープンになったよ! Tamabi Web Open Campus 2020 ライブ配信&常設説明会

ライブ配信・進学相談会

開催予定9月進学相談会[来校型・完全予約制]

詳しくはこちらをご覧ください

職員に聞く!進学相談会[オンライン・随時開催]LINEで事前予約

入門編の相談会を開催。詳細はLINEでお知らせします。

【相談会に参加される方へ】ZOOMのインストール方法やチャットの参加方法はこちら

8月1日(土)・2日(日) →たくさんのご参加ありがとうございました。 ❶ 2days LIVE全体のタイムテーブルとアーカイヴはこちら
❷ 教員に聞く!学科別進学相談会
❸ 職員に聞く!なんでも進学相談会/第2回

進学相談会はLINEから申し込むと便利です

オンライン進学相談会のお申込ができるほか、トーク画面に属性や知りたい学科名、気になるワードを投稿すると、お役立ち情報を返してくれるコンシェルジュ機能を搭載。すべての受験生、保護者、指導者の方にご利用いただけます。

タマビってどんな大学?

資料請求はこちら

1分でわかるかもしれない多摩美術大学

1分では伝えきれなかったので、この下の情報をご覧ください。

らぶたまび

和田達也先生・小泉俊己先生がナビゲーターとしてキャンパス各所を歩きながら、学内の施設設備を楽しく紹介する番組です。

職員に聞く!なんでも進学相談会・予習編

【ご注意】8/1・2の「職員に聞く!なんでも進学相談会/第2回」に参加される方は、必ず事前にこの動画を視聴しておいてください。各相談会は動画を見ている前提でスタートします。
入試情報(0:00~), 学生生活・奨学金(7:48~), 進路・就職(22:37~), 国際交流・海外留学(41:43~), 外国人留学生対象(1:00:38~)

大学案内・昨年までのオープンキャンパス映像など

学科別にオープン!New!8/17

各学科紹介・入試解説動画・学科パンフが閲覧できるほか、オリジナルサイトもあります。

日本画専攻

油画専攻

版画専攻

彫刻学科

工芸学科

グラフィックデザイン学科

プロダクトデザイン専攻

テキスタイルデザイン専攻New!

環境デザイン学科New!

情報デザインコース

メディア芸術コース

芸術学科

統合デザイン学科New!

演劇舞踊コース

劇場美術デザインコース

2days LIVE 8/1・8/2

YouTube LIVEで配信した生番組をアーカイヴで見ることができます。

8月1日(土)

▶LIVE LINE登録者のみに限定オープン!

8月1日(土) 10:30〜11:30

ここが知りたい!令和の就活トレンド社会が求める多摩美生のチカラ

キャリアセンター 西田修課長/総合企画部 阿部かおりさん

「多摩美で学ぶ=就職に強い!」これ、本当の話。
皆さんがよく知っているあんな会社、こんな会社で活躍する卒業生は在学時、なにを学び、どんな制作をして企業の評価を得たのか。学生の就職支援を通じて見えてくる「企業が多摩美生に求める力」と、令和の就活トレンドを就活支援のプロが徹底解説!

詳細を見る
西田 修

学生部キャリアセンター課長

年間延べ3000件以上の進路相談にのるキャリアセンターで、就職から作家活動まで、幅広い学生の進路をサポートしています。企業の社長、人事担当とのお話の機会も多く、生きた情報を学生に届けています。特技は空手で二児のパパ。

阿部 かおり

総合企画部 主任

学生時代デザインを学び、新卒で多摩美入職後は総務部で人事、労務支援。キャリアセンター異動後、社会人大学生として産業心理、カウンセリングを学び、10年以上多摩美の学生の未来と進路を全力で応援。2020年6月から総合企画部で学生の魅力を発信中!

▶LIVE

8月1日(土) 13:00〜14:30

先生、多摩美ってどんな大学ですか?みんなで質問大会(仮)

統合デザイン学科 中村勇吾先生/グラフィックデザイン学科 佐賀一郎先生/環境デザイン学科 米谷ひろし先生

「みんなで質問大会とか、どう?」という中村勇吾先生の発案で始まったこの企画。多摩美出身ではない先生だからこそわかる、他大学との違いや進路のことなど、時間の限りお答えします。

詳細を見る
中村 勇吾

統合デザイン学科 教授

ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター。1998年よりウェブデザイン、インターフェースデザインの分野に携わる。2004年にデザインスタジオ「tha ltd.」を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション、デザイン、プログラミングの分野で横断・縦断的に活動を続けている。

佐賀 一郎

グラフィックデザイン学科 准教授

’00年慶應義塾大学卒業後、ニフティ株式会社勤務を経て、’03年女子美術大学大学院に入学、’09年美術博士号取得。タイポグラフィの歴史と実践が主な研究テーマ。女子美術大学、明星大学、多摩美術大学非常勤講師を経て現職。共著に『活字印刷の文化史』(勉誠出版、2009)。訳・解説書に『ウィム・クロウエル:見果てぬ未来のデザイン』(ビー・エヌ・エヌ新社、2012)など。

米谷 ひろし

環境デザイン学科 教授

1992年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。1992~2002年スタジオ80在籍、内田繁氏に師事。2002年TONERICO:INC.を君塚賢、増子由美と共に設立。同代表。建築、インテリアから家具、プロダクトに至るまで多岐にわたり活動。国内外で定期的にコンセプチュアルな作品を発表している。代表作に、銀座 蔦屋書店、CASSINA IXC.「MEMENTO」など。

8月2日(日)

▶LIVE

8月2日(日) 10:00〜11:00

新時代の彫刻展、バーチャル展覧会アート×先端技術 彫刻学科の挑戦

彫刻学科 高嶺格先生・木村剛士先生/
メディア芸術 谷口暁彦先生/能勢陽子さん(豊田市美術館学芸員)

従来の実存する作品だけでなく、バーチャルリアリティーによる展覧会の企画、制作を通じて、次代の表現に挑戦する彫刻学科と学生の姿を紹介します。またバーチャルな世界での作品制作、展示を行うことで、ひいては実存する作品、制作について思考を深める、という狙いについても併せて紹介する番組です。

詳細を見る
高嶺 格

彫刻学科 教授

1968年鹿児島生まれ。1991年京都市立芸術大学工芸科漆工専攻卒、1999年岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒。現在は美術作家・演出家として活動し多摩美術大学彫刻学科教授。研究テーマは美術作品の可能性について。

木村 剛士

彫刻学科 講師

1980年生まれ。多摩美術大学大学院修了。彫刻にまつわる造形の概念を再検証する作品を制作。主な展覧会に「新鋭作家展〈ざらざらの実話〉」(川口アートセンターアトリア、埼玉、2020)、「ART MIYAGI 2019」(宮城県美術館、宮城、2019)、「六甲ミーツ・アート・芸術散歩2018」(六甲山、神戸、2018)など。

谷口 暁彦

メディア芸術 講師

1983年生まれ。多摩美術大学大学院修了。自作のデヴァイスやソフトウェアを用い、メディア・アート、ネット・アート、ライヴ・パフォーマンス、映像、彫刻作品など、さまざまな形態で作品を発表する。主な展覧会に「[インターネット アート これから]―--ポスト・インターネットのリアリティ」(ICC、2012)、個展に「スキンケア」(SOBO、東京、2015)、「滲み出る板」(GALLERY MIDORI.SO、東京、2015)など。

能勢 陽子

豊田市美術館学芸員

1995年より豊田市美術館の学芸員。これまでの展覧会に、「Twist & Shout」(国際交流基金主催、バンコク、2009)、「反重力」(豊田市美術館、2013)、「ビルディング・ロマンス」(豊田市美術館、2018)、「あいちトリエンナーレ2019」(愛知、2019)など。美術手帖やwebマガジンartscapeなどに執筆。

▶LIVE

8月2日(日) 12:00〜13:00

わたしが見つけたアニメーションの世界タマグラアニメーションから羽ばたくクリエイターのいま

グラフィックデザイン学科 野村辰寿先生/
久野遥子さん(映像作家・漫画家)

国民的コンテンツ「おかあさんといっしょ “ガラピコぷー“」オープニングアニメーションをはじめ、MVや自治体のプロモーション映像からマンガまで多岐にわたる表現で活躍する久野遥子さん。多くのクリエイターを輩出するグラフィックデザイン学科と、アニメーションの魅力についても紹介します。

詳細を見る
久野 遥子

映像作家・漫画家

2013年多摩美術大学卒業後、アニメーション、イラストレーション、漫画を中心に活動。代表作としてCuushe『Airy Me』MV、NHK『ガラピコぷ〜』OPなど。またTVアニメ『宝石の国』、映画『クレヨンしんちゃん』シリーズでのスタッフ参加や最新作ではポスタービジュアルも担当。
▼久野遥子さんの作品はこちらからご覧いただけます。
https://kunoyoko.tumblr.com/

野村 辰寿

グラフィックデザイン学科 教授

64年三重県生まれ. '87年多摩美術大学GD科卒, 株式会社ロボット入社.CMディレクターとして活動後, アニメーション作家となり 『ストレイシープ』『ジャム・ザ・ハウスネイル』 『ネコのさくせん』『ななみちゃん』『クラリとティン』など, さまざまな手法のオリジナル・アニメーション作品, キャラクターデザイン,絵本,展示映像など幅広く手がける. 日本アニメーション協会理事。

▶LIVE

8月2日(日) 15:00〜16:00

映像で音楽を聞く時代MVが持つ新たな役割と制作の魅力

情報デザインコース 宮崎光弘先生/ 林響太朗さん(映像監督)

星野源、BUMP OF CHICKEN、菅田将暉、Mr.Children、あいみょんなど数多くの アーティストのMVを手がけ、昨年はそのMVで受賞するなど、活躍を続けている林響太朗さん。映像を通じて音楽を知る、ということも当たり前となっている時代にMVを制作する役割と魅力について語っていただきます。また、林さんのような映像監督になりたいと考える高校生のみなさんに対して、どんな力を磨いていけばいいのか、大学ではどんな学びがあるのか、宮崎先生とともに伝えていただく1時間です。

詳細を見る
林 響太朗

映像監督

多摩美術大学情報デザイン学科 情報デザインコース専攻卒業後、DRAWING AND MANUALに参加。独自の色彩感覚で光を切り取る映像のみならず、インスタレーションやパフォーミングアーツ、プロジェクションマッピングなどのクリエイションに数多く関わっている。
▼林響太朗さんの作品はこちらでご覧いただけます。
http://www.kyotaro.org/

宮崎 光弘

情報デザインコース 教授

エディトリアルデザインとインタラクションデザインの長年の経験を元に、様々な企業や組織のブランディングやデザイン開発を行う。最近は領域を横断した「体験のデザイン」を中心に活動する。株式会社アクシス取締役/多摩美術大学情報デザイン学科教授/NPO団体「Think the Earth」理事。

公式SNSをチェックする

Twitter Instagram Facebook YouTube LINE